熱狂の『浅草サンバカーニバル』を堪能!

 

    副支部長 寺谷 啓一 (昭52 経営)

 

 8月31日(土)、ケイリー含め校友10名は残暑厳しい中を恒例の《西島紫紺会》浅草ツアーに出かけました。今回の参加メンバーは、田村守孝、永友亨、村上喜美雄、金井英雄、小林敬司、柴山裕、小林由比、高橋雅子、鈴木みどりの9氏…そしてケイリー寺谷でした。

 

おりしも浅草の超人気イベント「サンバカーニバル」の開催日にあたったため、浅草全域凄~い人波。でもカーニバルを見聞き出来てハッピーでした!ツアーは水上バスによる「浅草~日の出桟橋」の往復で始まったが、1時間半乗りっぱなしで飲みっぱなし(笑)。

田村さんが毎回用意してくれる秘蔵の酒やツマミ、それに今回は女性陣からも差し入れありで盛沢山、ホント嬉しい悲鳴でした!

 

隅田川クルージングの後は、浅草のランドマークの超老舗レストラン「神谷バー」で名物『デンキブラン&生ビール』をメインに懐かしい食事アラカルトを堪能し、楽しい会話や笑いの絶えない中で至福の時間は過ぎていきました。

 

外に出るとサンバカーニバルはもう最高潮!!メンバー達も足を止めて見入ってしまうことがしばしばで、世話人としては集散にちょっと苦労しました。でもケイリーも実際観たのは初めてなんで、とてもエキサイティングでしたねえ!

ものすごい音響とダンスによる熱気は浅草界隈に蔓延し、街全体が南米のサンバシティに変身した感があり素晴らしかったです!

 


  大群衆の波を避けながら土産ショッピングをした後、ツアーの〆はやっぱり名物モンジャ焼です。今回はカーニバル等の熱気のせいか、メンバー全員正気で元気…皆かなり酔っててハイな気分だけど、美味しくもんじゃを頂きました!

時刻は夕方5時過ぎ、朝からよく遊んだツアーもフィナーレ…浅草→上野経由で藤沢への帰途につきました。今後も校友会の中での私設懇親グループとして皆とハッピーに続けていきたいものですネ!