大学ラグビー


25年ぶりの全勝対決制し  関東大学対抗戦で4年ぶり優勝!

関東大学対抗戦 <A グループ>


12月1日におこなわれた関東大学対抗戦の今季最終戦、因縁の対早稲田戦は5トライを奪った我が校が36-7で勝利。94年以来25年ぶりの全勝対決となった「明早戦」制し、4年ぶり17度目の優勝を果たした。 立ち上がり、早稲田は我が陣で試合を展開し、速い球出しで連続攻撃を仕掛けてきたが、得点を与えることなく逆に先制したのは粘り強い防御でしのいだ明治。その後一進一退の攻防、7-7の同点からPGを成功させ再びリードを奪い10-7とし前半を折り返した。後半に入り先にペースをつかんだ我が校は、突破力を生かし、武井主将が右中間にトライ。さらにラインアウトから得意のモールで持ち込み、連続トライを奪う。勢いに乗じトライ重ね一気に点差を広げ、試合終了間際にはWTB山村がだめ押しのトライを奪った。



大学選手権出場枠は帝京を3位、筑波を4位とする。


第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会