MFゴルフ同好会


第41回大会の結果報告

 

令和3年2回目のコンペを11月5日金曜日に芙蓉カントリー俱楽部にて行いました。 

新型コロナ感染症の影響でマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等に配慮し行いました。

当日、午前中はやや風があったものの、終日良い天気で楽しくプレーできました、がしかし、日曜日に理事長杯が予定されていている影響で、グリーンがとても早くなっていました。カラーからカラーへ、ビンそばで止まりそうなパットが1.5mも離れて止まったり、と皆苦労をしていました。

結果100割が16名中3名、その3名で3位までを独占しました。

まず優勝は斎間さん、準優勝青柳さん、3位は前回覇者の小泉さんでした。なお、ブービーメーカー賞は渡邉友昭さんでした、次回は頑張ってください!!

次回は令和4年4月頃を予定していますので、奮って参加のほど、また新規の方も遠慮なく、申し込んでください。

とても楽しいゴルフ会です。 

 

              MFゴルフ同好会 会長 矢澤 則光                       幹事 柴山 裕 

★日 時

令和3年11月5日(金) 8時32分  INスタート(4組) 

★場 所

 芙蓉カントリー倶楽部

 


MF club  RUleS

安全優先ルールによる楽しいコンペを
1. 新ペリア方式  勝利制限無とし  そしてローカルール最優先とします。
2.加えて以下の独自ルールで実施します。

 ア. 75歳(後期高齢者)以上の方は、シルバーティースタートを選択できる。

イ. 競技には参加しないが、一緒にラウンドしゴルフを楽しむことができる。

ウ. コース内は全て6インチ・リプレイスを可とする。

エ.崖地等急斜面に落ちたボールの処置:基本的にはゴルフ場のルールに基づきプレイすることとしますが、その場所がOBまたはワンペナルティーゾーンでなく、急斜面の下にボールが落ちてしまった場合はワンペナルティーでフェアウェイに戻しプレイをすることができる。(本項:2017/11/21制定)

以上、校友同士の親交を深めることを第一として開催しております。

2019/1/1 改定ルール

 抜粋新ルール10カ条
1 偶発的な2度打ち、自打球は無罰
2 ドロップは膝の高さから
3 ピンを抜かずにパットができる
4 準備できた人から先に打てる
5 球の捜索時間は5分から3分に短縮
6 OBは球が消えた付近から2罰打で再開可能
7 バンカー内の球をアンプレヤブル宣言で外へ出せる
8 バンカー内に散った木の葉など(ルースインペディメント)は動かせる
9 救済を受ける際にボール交換ができる
10 グリーン上で球が偶然動いても無罰。元の位置に戻すだけでいい


MFゴルフ同好会について

 

  MFゴルフ同好会の設立と活動について    元同好会幹事   村上  喜美雄